■■RGM-79 パワードジム■■

センチネル風仕上げ

依頼を受け製作したHGUC パワードジムです。
改造・改修箇所は写真の下に掲載してありますので、
興味がある方はご覧ください

(各部の詳細写真は下のほうにあります)

またこちらのブログページ
素組みとの比較や工作の過程をご覧いただけます。

加工した内容は以下になります
頭部:アンテナを金属線とパイプに置換え
    バルカンの銃口をアルミ0.6mmパイプから製作しました。

胴体:前回のクゥエル同様、脇〜脇腹にかけてスクエアに削り込んでます。
    襟のエッジを立てるように削り込んで面だし。
    胸〜脇付近にReckless風なモールドを追加UHFアンテナ風のフィンを追加。
    胸ダクトは前から後ろに向かい絞り込んだ角度を浅く、ダクトの厚みを少しまして大きくしています。

腕:ショルダーのダクトは新しく大きいものをつくり内部は二重化し、置き換えています。はモールドプラ材にて作り直し、
  前腕は1.2mm、上腕は0.5mm延長。前腕のC面などの面取りを変更、Ver.Ka風のラインを追加しています。
  左の握り手はG30thを元に握り込んだ形のグリップに直しました。

バックパック:全体的にC面を見直し、各部にラインやモールドを追加しました。
    ノズルはノーマルを活かし、内部に段つきノズルをプラパイプから製作し差し込んでいます。
    バーニアノズル基部に遮熱板風のパネルを追加し。

腰周り:全てのアーマー、前後のフンドシなど、関節軸以外、全てをスクラッチパーツに置換。
    間接軸のセンターユニットはクゥエルのものに置換しています(軸位置の関係などでこちらのほうが好みなため)
脚部:大腿部を1mm延長、モールドを追加。膝関節は腿・スネから少し浮かすように調整、
    置換えた自作マルイチパーツとの隙間からフレーム色がチラ見えするようにしました
    膝アーマー、スネ増装(オレンジ部分)はノーマルの膨らんだ緩めのラインをシャープ化とモールド追加
    アンクルアーマーを幅ツメスマートなスタイルに変更。
    脚首から下はB-CLUBのスリッパ部品置換えています

その他、全体的にモールドやラインを追加し、
全体的に「Ver.Kaテイスト」に見えるようディテールアップしています。

フレーム系パーツにはオリジナルの関節用ベージュカラーを使用。
分かりにくいですが、ボディカラーのグレー/オレンジともに数色を使い分けてみました。

前回のクゥエルの加工と同じく、腰周りには自作の改造部品を使い仕上げました。
F/Rアーマーはキットの小さなヘリウムコアよりも大型化され、サイドアーマーのフレーム部自作などもあわせ、
Ver.Kaテイストを再現できたのではないかと思います。

ボディ、バックパックなどのライン追加だけでなく、腿やスネなども含め、今回はさらに直線的なラインになるよう意図しました。
キットのシルエット、削り込んで面構成を変更すればかっこよくできる部品は可能な限り活かし、
引き締まったシャープだけど、力強くパワフルなイメージに仕上がったと思います。
TOP
inserted by FC2 system