■■RGM-79 パワードジム■■

Ver.Ka.風仕上げ【Blue】

FB所属サークル内ジムコンペ参加作として制作したものです。
(各部の詳細写真は下のほうにあります)

またこちらのブログページ
工作の過程などをご覧いただけます。











→前回製作したジム改と組み合わせ、
映画のポスター風画像を作ってみました。

加工した内容は以下になります
※主な内容は他作品「パワードジムORANGE Ver.」や「ジム改」に準拠した加工だと思ってください。

頭部:アンテナを金属線とパイプに置換え
    バルカンの銃口をアルミ0.9mmパイプから製作しました。

胴体:前回のクゥエル同様、脇〜脇腹にかけてスクエアに削り込んでます。
    襟のエッジを立てるように削り込んで面だし。
    胸〜脇付近にReckless風なモールドを追加UHFアンテナ風のフィンを追加。
    全てのダクトは一度切り離し面出し。特に胸ダクトは厚みを増して大きくしています。

腕:肩ダクトは大型化し、内部は二重化したものに置き換えています。
  前腕は1.0mm、上腕は0.5mm延長。前腕のC面などの面取りを変更、Ver.Ka風のラインを追加しています。

バックパック:全体的にC面を見直し、各部にラインや段落ちモールドを掘り込みしました。
    ノズルはノーマルを活かし、内部に段つきノズルをプラパイプから製作し差し込んでいます。

腰周り:全てのアーマー、前後のフンドシなど、関節軸以外、全てをスクラッチパーツに置換。今回は裏側にも凝ってみました
    股関節はボディ側・太もも側全てをプラパイプやプラ棒などからスクラッチ、軸位置調整も含め新造したものに置き換えています。
脚部:腕も含め間接のマルイチパーツは全て自作のものに置き換えました。
    膝アーマー、スネ増装(ノーマルでのオレンジ部分)はやわらかく膨らんだ緩めのラインをシャープ化し面出し、モールド追加
    アンクルアーマーは磁石でマウントし、スリッパは自作したオリジナルのものにしています。

その他、全体的にモールドやラインを追加し、
全体的に「Ver.Kaテイスト」に見えるようディテールアップしています。

フレーム系パーツにはオリジナルの関節用ベージュカラーを使用。
分かりにくいですが、ボディカラーのグレー/ブルーともに数色を使い分けてみました。

F/Rアーマーはキットの小さなヘリウムコアよりも大型化され、サイドアーマーのフレーム部自作などもあわせ、
Ver.Kaテイストを再現できたのではないかと思います。

シルエットや面構成を変更すればかっこよくできる部品は可能な限りシルエットを活かし、
いつものテーマ、削り込むことで「引き締まった、シャープだけど力強くパワフルなイメージ」に仕上がったと思います。
TOP
inserted by FC2 system